日経225分析

2015年4月13日 12:17 | コメント(0) | トラックバック(0)

日経225は、日経平均株価を原資としたインデックス金融商品です。日経225は日経平均株価が1970年に東証平均株価から移行となり、2006年に大阪証券取引所から日経225先物として市場に出てきましたが、原資(指標)として日経平均株価を使っていますから、平均株価のデータを使って傾向の分析ができるわけです。

日経225の分析は、すなわち日経平均の分析となります。従って日本の株式市場の分析ともなりますので、日経225や投資信託市場株式市場への投資の資料ともなってきます。特に、日経225の分析は、データも豊富ですし入手も容易になっています。これらのデータを使って、自動システムトレードソフトの開発や販売も行われています。これらの自動ソフトも過去の日経225データや日経平均株価の過去データによって、パターンが分析され組まれているわけです。ソフトのできも分析次第となります。

日経225の分析によって日本の株式市場や景気動向も見えてきます。投資としての日経225も、分析によっては今後の日本の将来も想像できるようになってくるでしょう。日経225の分析は、投資の指標だけではなく他の指標ともなってきます。分析大切にしていきましょう。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録
  • Twitterでつぶやく

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://akkky.net/mt1/mt-tb.cgi/650

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

コンテンツ

DESIGNED BY