日経225投資術

2015年4月13日 12:20 | コメント(0) | トラックバック(0)

日経225の投資については、現在各種の手法がありますが、手数料や税金の面からもっぱらネットからの投資がほとんどのようです。

日経225の場合は、手数料が枚当たりの価格になっていますので、売買が数多くなると手数料に費用がかかることになりますが、株式手数料のように売買金額の%ではないので、手数料がほぼ確定できることはメリットです。

また、投資家自身が「日経225」を持っていなくても、「売り」から市場に入れるということも特徴です。日経225は、証拠金を使った先物取引ですから先物の締め日まで持っているという投資方法もありますが、これでは締め日の価格を期待を持って上がるのを待つことになります。当然金融商品ですから、途中の売買も可能ですので「売り」からは入れるということは、市場動向を見極めた上で下降局面からも日経225の市場に入っていけるということになります。最初は、高い局面で「売り」から入り、「買い」を次に行っていくというのが最初の投資法のようです。

経験を積んでいくと「売り」と「買い」を複数ずつ持ちリスクマネジメントも行いながら、利益を追求していくというのが日経225の基本的な投資術のようです。また、日経225先物に投資しておき日経225ミニをリスク軽減のために投資していくというのも行われているようです。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録
  • Twitterでつぶやく

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://akkky.net/mt1/mt-tb.cgi/663

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

コンテンツ

DESIGNED BY