日経225連動型ファンド

2015年4月13日 12:30 | コメント(0) | トラックバック(0)

日経225連動型ファンドは、日経225連動型ETFともいわれ日経225を投資信託としたものになります。日経225連動型ファンドは、投資信託ですから、信託運用会社に投資家が日経225の運用を委託してその運用益を利益としていくものとなります。

通常の投資信託と異なるのは、日経225連動型ファンド自身が東証で株式と同様に取引されることです。通常、投資信託は株式や債券市場に投資して運用益を稼ぐのですが、それに加えて本体自身の売買も加わってくることになります。

日経225連動型ファンドは、それ自身の売買も価格に影響していきますから、日経225の価格とは一致しなくなっていくわけです。日経225連動型ファンドの東証への移行をバスケットにするといいますが、これは一般投資家が手を出せるものではなく、証券会社や機関投資家が億以上の単位の資金を使ってしていくものです。

日経225連動型ファンドは、日経225のみのファンドではないのでより利益率を期待することができます。しかし当然損も懸念されるわけです。日経225のリスクマネジメントとして、日経225連動型ファンドを使うという手もあるでしょう。日経225連動型ファンド検討してみませんか。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録
  • Twitterでつぶやく

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://akkky.net/mt1/mt-tb.cgi/667

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

コンテンツ

DESIGNED BY