日経225売買サイン

2015年4月13日 12:31 | コメント(0) | トラックバック(0)

日経225の取引では、日経225の価格に応じて売買取引を行うのですが、専業トレーダーでない限り市場を常時見ているわけにははいきません。従って、証券会社からの日経225の売り買いサインを受け取るという方法があるわけです。

日経225では、証券会社からの売り買いサインの発信や、契約をした個人トレーダーや運用会社からの日経225の売買サインの発信などがあるわけです。もちろん日経225の売買サインは、発信する組織の判断になりますから、その組織の力量によって自分の投資の結果が左右されることになります。日経225の売買サインでの取引には若干のタイムラグもありますからその通りになるというわけにもいきませんが、力量のある組織であれば大きな差はないでしょう。しかし、あくまで売買のサインですから、自分の取引の利益保証ではなく自分の持ち分をよく把握しておく必要もあるわけです。売買サインはあくまでサインです。日経225はサインも利用してうまく運用していきましょう。

自動トレードシステムとの連携も考えられるでしょう。あくまで取引をするのは、投資家本人です。自分の状況と日経225の動き、よく考えながらうまい慎重な取引といきましょう。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録
  • Twitterでつぶやく

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://akkky.net/mt1/mt-tb.cgi/671

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

コンテンツ

DESIGNED BY