日経225先物トレードシステム

2015年4月13日 12:31 | コメント(0) | トラックバック(0)

日経225のトレードシステムは、各種があるようです。日経225トレードシステムといっても、基本としては証券会社で運用されているトレードシステムからの指標を利用する場合もあれば、自分でシステムを運用する場合もあるでしょう。

日経225は、販売手数料が安いことがあげられており、なおかつレバレッジがあることから初心者も取り組みやすいということもありますので、ファンが多いようです。その状況で、日経225はシステムトレードでの取り組みも比較的しやすく、また証券会社からの売り買いのサインの配信も携帯でできる、また携帯で取引もできるという状況ですから、今後も発展していくでしょう。

特に日経225でのソフトによる自動トレードシステムには、廉価なものもありエクセルで対応できるものもあるようです。

日経225、日経225ミニ、日経225オプションとある日経225ですが、特に注目は日経225ミニでしょう。手数料が安くかつ日計り取引の場合は、手数料が無料の証券会社があります。トレードシステムは今後自動化の方向に行くことが予想されます。もちろん自動と言っても、その設定は自分で行うものです。研究して取り組んでいきましょう。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録
  • Twitterでつぶやく

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://akkky.net/mt1/mt-tb.cgi/672

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

コンテンツ

DESIGNED BY